俺の人生を変えた一冊

世界一の映画館と日本一のフランス料理店を山形県酒田につくった男はなぜ忘れ去られたのか

 

酒田、雄大な庄内平野の最上川河口に位置する街には、世界に誇れるものがあった。淀川長治や荻昌弘が羨んだという映画館(グリーン・ハウス)。そして開高健や丸谷才一、土門拳が愛したという料理店(ル・ポットフー)。なんとそれらは1人の男――佐藤久一がつくったものだった。酒田大火の火元となった映画館が彼の波乱に富んだ人生を象徴する。(講談社文庫)

この本に出逢うまで自分の故郷になんにも愛着もなく【あたりまえにある故郷】でした。

良くも悪くもこの一冊で俺の人生は変わりました。

興味がありましたらどうぞ

世界一の映画館と日本一のフランス料理店を山形県酒田につくった男はなぜ忘れ去られたのか

関連記事

  1. 理想と現実。本業は何よ?ってなブログ

  2. 田舎には田舎なりの方法があるのよねん

  3. ぴくりともしねぇ・・・(追記)

  4. 日本人の知らなかった フリーエージェント起業術

  5. 冷静と冷製パスタの間

  6. Instagram(インスタグラム)の人気作品を自分でまとめてみた(パ…

制作実績一覧

カテゴリー