「クロージングの心理技術21」”消費者心理学”

もしあなたがご自分のビジネスで少しでも成約数を増やしたいと考えているならぜひ、次の二つのメッセージを比べてみてください。

一人の父親が、土曜の夜に運転しようとしている10代の息子に向けて言うセリフです。

一つ目。
「運転には気をつけろよ」

二つ目。
「運転には気をつけろよ。
死亡事故の大半は飲酒運転が多い土曜日に起きている。気をつけろよ。
事故にあった人の顔を見たことあるか?
出来の悪いオムレツのような、完全に変形した顔になっているんだ。
だから運転には本当に気をつけろよ」

言うまでもなく、息子の注意力がより研ぎ澄まされるのは、二つ目のセリフでしょう。

このように、同じメッセージでも感情に訴えるように何度も「重複」して伝える事で相手をこちらの意図する方へより強く意識づけることが可能です。

他にも人を説得させるテクニックはまだまだあります。今回ご紹介したのはこの『クロージングの心理技術21』
書かれているものの、ほんの一部なのです。。。




関連記事

  1. 福井モデル 未来は地方から始まる

  2. 7ステップでフェイスブックにインスタグラムのリンクコピー機能を使って貼…

  3. Amazonプライムってお得ですね^_^;

  4. moppy(モッピー)でほんとにお金は貯まるのか?検証

  5. DHCの即効ブルーベリー

  6. インスタグラムからフェイスブックへシェアする設定方法

制作実績一覧

カテゴリー

株式会社BSKプランニング

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More